「稼ぎ時は20日まで…」 統一球回収で乱打戦ジ・エンド

公開日:  更新日:

「22日には適合品と入れ替えさせていただくつもりです」

 15日、プロ野球で使用する統一球が飛びやすくなっている問題で、ミズノが謝罪会見。水野明人社長以下、幹部、開発担当者が頭を下げた。

 ミズノが発表した飛び過ぎの原因は、要するにこうだ。
<昨年12月に中国・上海の自社工場で作った『統一球』は、冬場で気候が乾燥していた関係もあり、素材の毛糸の含水率(水分の割合)が低くなる傾向があった。加湿器のある場所でボールを保管していたが、加湿器の水が足りなくなる恐れがあるため、一日中は稼働できない。乾燥した毛糸でボールを作ろうにも、従来の糸量だと規定の重量に足りなくなる。糸の量を増やして重さを“水増し”したが、規定のサイズは守らないといけない。その分、強く縛って圧縮した結果、ボールが硬くなって反発力が高まり、飛びやすくなった>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る