DeNAに激怒で奇しくも露呈 巨人中継ぎ陣の“崩壊危機”

公開日:  更新日:

 巨人の原辰徳監督(55)は怒っていた。3日のDeNA戦が雨天中止となり、報道陣に対応。二軍落ちとなった宮国について「いちいちコメントする必要はない」と言うと、突然話題を変えた。

「それより、予告先発のセドンを登録したのに、(DeNAの)モス……何だっけ? モスコーソさん? は登録していないんだよ。フェアじゃない」

 連盟への出場選手登録の締め切りは午後3時。中止の決定は3時半だったから、巨人はその前にセドンを登録した。それを見計らっていたかのように、DeNAが中止を決定。試合を行うか否かは主催のDeNAが決めるため、3時前に中止が決まっていたのに知らせなかったと原監督は怒ったのだ。

「1人登録するってのは大事なこと。もうちょっと早めに教えてくれたっていいじゃない。君たちジャーナリストはどう思う?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る