• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAに激怒で奇しくも露呈 巨人中継ぎ陣の“崩壊危機”

 巨人の原辰徳監督(55)は怒っていた。3日のDeNA戦が雨天中止となり、報道陣に対応。二軍落ちとなった宮国について「いちいちコメントする必要はない」と言うと、突然話題を変えた。

「それより、予告先発のセドンを登録したのに、(DeNAの)モス……何だっけ? モスコーソさん? は登録していないんだよ。フェアじゃない」

 連盟への出場選手登録の締め切りは午後3時。中止の決定は3時半だったから、巨人はその前にセドンを登録した。それを見計らっていたかのように、DeNAが中止を決定。試合を行うか否かは主催のDeNAが決めるため、3時前に中止が決まっていたのに知らせなかったと原監督は怒ったのだ。

「1人登録するってのは大事なこと。もうちょっと早めに教えてくれたっていいじゃない。君たちジャーナリストはどう思う?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る