DeNAに激怒で奇しくも露呈 巨人中継ぎ陣の“崩壊危機”

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(55)は怒っていた。3日のDeNA戦が雨天中止となり、報道陣に対応。二軍落ちとなった宮国について「いちいちコメントする必要はない」と言うと、突然話題を変えた。

「それより、予告先発のセドンを登録したのに、(DeNAの)モス……何だっけ? モスコーソさん? は登録していないんだよ。フェアじゃない」

 連盟への出場選手登録の締め切りは午後3時。中止の決定は3時半だったから、巨人はその前にセドンを登録した。それを見計らっていたかのように、DeNAが中止を決定。試合を行うか否かは主催のDeNAが決めるため、3時前に中止が決まっていたのに知らせなかったと原監督は怒ったのだ。

「1人登録するってのは大事なこと。もうちょっと早めに教えてくれたっていいじゃない。君たちジャーナリストはどう思う?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る