日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

試合内容より盛り上がったDeNA中畑監督の「お笑い劇場」

 1日の中日戦、五回途中で5失点の先発加賀を降板させるため、ブルペンの様子を聞こうと内線の受話器を取った中畑監督。ところがこれがウンともスンとも言わない。大事な場面でまさかの故障したからだ。

 中畑監督は慌ててベンチを飛び出し、球審に「ブルペンと連絡を取れない。時間をくれ」と説明。首をかしげる中日ベンチにも「つながらないんだよ!わかってくれよー!」と叫んだものだから、周囲は大爆笑だ。

 その後はリリーフの林が後続を抑えたものの、七回に今度は準備万端で出てきたはずの山口がいきなり2四球。重盗で走られ、さらに四球で満塁にした時点で降板。準備をしてもダメなヤツはダメということだろう。

 負けず劣らずボロボロだった中日投手陣に助けられて勝利したDeNA。ファンが見たいのはお笑いよりもまっとうな野球だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事