2度目の救援失敗…Rソックス田沢に右ひじ手術の反動懸念

公開日:  更新日:

 昨季、レッドソックスの6年ぶりの世界一に貢献した田沢純一(27)が安定感を欠いている。

 6日のレッズ戦では1回を2安打1四球、2失点。1日のレイズ戦に続いて今季早くも2度目の救援失敗だ。ここまで15試合(計14.0回)に登板して1勝0敗、防御率3.21。昨季は8試合だったリリーフ失敗が、このペースでいけば2ケタに達しかねない。

 田沢は11年に受けたトミー・ジョン手術から昨季、完全復活。球威も球速も手術前より増したものの、喜んでばかりはいられない。ひじの腱の再建手術を受けた選手は復調した翌年に反動が出るケースが少なくないからだ。

「ひじの不安が解消されて全力で投げられるし、球速も増すだけに、知らず知らずのうちに肩やひじに負担がかかる可能性はあります。最近は強い腱を移植するため、少なくなりましたが、投球フォームがなじまなかったり、ひじに違和感を抱えたまま投げ続けて再発する例もある。田沢のような力投派なら、なおさら再発や肩を痛めるリスクは高いと思います」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る