2度目の救援失敗…Rソックス田沢に右ひじ手術の反動懸念

公開日: 更新日:

 昨季、レッドソックスの6年ぶりの世界一に貢献した田沢純一(27)が安定感を欠いている。

 6日のレッズ戦では1回を2安打1四球、2失点。1日のレイズ戦に続いて今季早くも2度目の救援失敗だ。ここまで15試合(計14.0回)に登板して1勝0敗、防御率3.21。昨季は8試合だったリリーフ失敗が、このペースでいけば2ケタに達しかねない。

 田沢は11年に受けたトミー・ジョン手術から昨季、完全復活。球威も球速も手術前より増したものの、喜んでばかりはいられない。ひじの腱の再建手術を受けた選手は復調した翌年に反動が出るケースが少なくないからだ。

「ひじの不安が解消されて全力で投げられるし、球速も増すだけに、知らず知らずのうちに肩やひじに負担がかかる可能性はあります。最近は強い腱を移植するため、少なくなりましたが、投球フォームがなじまなかったり、ひじに違和感を抱えたまま投げ続けて再発する例もある。田沢のような力投派なら、なおさら再発や肩を痛めるリスクは高いと思います」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る