2度目の救援失敗…Rソックス田沢に右ひじ手術の反動懸念

公開日:  更新日:

 昨季、レッドソックスの6年ぶりの世界一に貢献した田沢純一(27)が安定感を欠いている。

 6日のレッズ戦では1回を2安打1四球、2失点。1日のレイズ戦に続いて今季早くも2度目の救援失敗だ。ここまで15試合(計14.0回)に登板して1勝0敗、防御率3.21。昨季は8試合だったリリーフ失敗が、このペースでいけば2ケタに達しかねない。

 田沢は11年に受けたトミー・ジョン手術から昨季、完全復活。球威も球速も手術前より増したものの、喜んでばかりはいられない。ひじの腱の再建手術を受けた選手は復調した翌年に反動が出るケースが少なくないからだ。

「ひじの不安が解消されて全力で投げられるし、球速も増すだけに、知らず知らずのうちに肩やひじに負担がかかる可能性はあります。最近は強い腱を移植するため、少なくなりましたが、投球フォームがなじまなかったり、ひじに違和感を抱えたまま投げ続けて再発する例もある。田沢のような力投派なら、なおさら再発や肩を痛めるリスクは高いと思います」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る