日本のライバルも…ELを制したセビージャのW杯注目選手

公開日:  更新日:

 欧州各国リーグの強豪ばかりのCLと比べると中位チームも交じるELは、どうしても格下感が拭えない。しかし、日本時間15日早朝開始のセビリア(スペイン)とベンフィカ(ポルトガル)とのEL決勝は、ゴールこそ生まれなかったとはいえ、上質プレーてんこ盛りの好ゲームとなった。

 両チームにメッシもクリスティアーノ・ロナウドもいないが、高い技術レベルの選手たちがチームに忠誠を誓い、献身的に動き回った。0-0から延長に入ると足を痙攣(けいれん)させる選手が続出。それでも両チーム選手は最後までファイトし、最終的にはPK戦を4-2で制したセビリアが、通算3度目の戴冠(たいかん)を果たした。
 その優勝したセビリア選手の中にブラジルW杯のブレーク候補がいる。

■日本DF陣には驚異のFW

 まずはクロアチア代表のMFラキティッチだ。身長184センチ、体重75キロの恵まれたフィジカルから長短のパスを繰り出し、味方FWに秀逸なラストパスを供給する。代表ではレアル・マドリード所属のMFモドリッチとダブル・ゲームメーカーとして中盤に君臨。ブラジルW杯後、レアル入りも噂されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る