• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本のライバルも…ELを制したセビージャのW杯注目選手

 欧州各国リーグの強豪ばかりのCLと比べると中位チームも交じるELは、どうしても格下感が拭えない。しかし、日本時間15日早朝開始のセビリア(スペイン)とベンフィカ(ポルトガル)とのEL決勝は、ゴールこそ生まれなかったとはいえ、上質プレーてんこ盛りの好ゲームとなった。

 両チームにメッシもクリスティアーノ・ロナウドもいないが、高い技術レベルの選手たちがチームに忠誠を誓い、献身的に動き回った。0-0から延長に入ると足を痙攣(けいれん)させる選手が続出。それでも両チーム選手は最後までファイトし、最終的にはPK戦を4-2で制したセビリアが、通算3度目の戴冠(たいかん)を果たした。
 その優勝したセビリア選手の中にブラジルW杯のブレーク候補がいる。

■日本DF陣には驚異のFW

 まずはクロアチア代表のMFラキティッチだ。身長184センチ、体重75キロの恵まれたフィジカルから長短のパスを繰り出し、味方FWに秀逸なラストパスを供給する。代表ではレアル・マドリード所属のMFモドリッチとダブル・ゲームメーカーとして中盤に君臨。ブラジルW杯後、レアル入りも噂されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る