• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本のライバルも…ELを制したセビージャのW杯注目選手

 欧州各国リーグの強豪ばかりのCLと比べると中位チームも交じるELは、どうしても格下感が拭えない。しかし、日本時間15日早朝開始のセビリア(スペイン)とベンフィカ(ポルトガル)とのEL決勝は、ゴールこそ生まれなかったとはいえ、上質プレーてんこ盛りの好ゲームとなった。

 両チームにメッシもクリスティアーノ・ロナウドもいないが、高い技術レベルの選手たちがチームに忠誠を誓い、献身的に動き回った。0-0から延長に入ると足を痙攣(けいれん)させる選手が続出。それでも両チーム選手は最後までファイトし、最終的にはPK戦を4-2で制したセビリアが、通算3度目の戴冠(たいかん)を果たした。
 その優勝したセビリア選手の中にブラジルW杯のブレーク候補がいる。

■日本DF陣には驚異のFW

 まずはクロアチア代表のMFラキティッチだ。身長184センチ、体重75キロの恵まれたフィジカルから長短のパスを繰り出し、味方FWに秀逸なラストパスを供給する。代表ではレアル・マドリード所属のMFモドリッチとダブル・ゲームメーカーとして中盤に君臨。ブラジルW杯後、レアル入りも噂されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る