• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警察まで予定…W杯はストライキで大混乱の“現実味”

15以上の労組が計画

 サッカーW杯の開幕まで1カ月というタイミングで、外務省が発表したブラジルの治安情報にはビックリだ。日本対コロンビア戦が行われるクイアバは、殺人の発生率が日本の51倍で強盗は404倍というのだが、実はもっと厄介なことがある。ストライキだ。

「ブラジルでは空港、航空会社、バス会社、ホテルなどの社員たちが待遇改善を求めて、W杯期間中に大規模なストライキを検討しています。計画しているのは、少なくとも15以上の労働組合。現地時間の今月15日に予定されているバスや郊外鉄道などのストは、W杯ストの“前哨戦”だなんて報じられています」(現地在住の旅行代理店関係者)

 ファンは開催都市間の移動に、飛行機かバスを使う。もし大会中にストで交通機関がマヒすれば、せっかくの観戦チケットは紙クズになるかもしれない。それどころか、日本代表が試合時間までにスタジアムに着けない、なんてこともありうるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る