警察まで予定…W杯はストライキで大混乱の“現実味”

公開日: 更新日:

15以上の労組が計画

 サッカーW杯の開幕まで1カ月というタイミングで、外務省が発表したブラジルの治安情報にはビックリだ。日本対コロンビア戦が行われるクイアバは、殺人の発生率が日本の51倍で強盗は404倍というのだが、実はもっと厄介なことがある。ストライキだ。

「ブラジルでは空港、航空会社、バス会社、ホテルなどの社員たちが待遇改善を求めて、W杯期間中に大規模なストライキを検討しています。計画しているのは、少なくとも15以上の労働組合。現地時間の今月15日に予定されているバスや郊外鉄道などのストは、W杯ストの“前哨戦”だなんて報じられています」(現地在住の旅行代理店関係者)

 ファンは開催都市間の移動に、飛行機かバスを使う。もし大会中にストで交通機関がマヒすれば、せっかくの観戦チケットは紙クズになるかもしれない。それどころか、日本代表が試合時間までにスタジアムに着けない、なんてこともありうるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る