日本DF陣に難敵 コロンビア代表FWバッカがELで大活躍

公開日:  更新日:

 日本代表にとって要注意FWである。ブラジルW杯グループC組で対戦するコロンビア代表FWバッカ(セビージャ)が、欧州リーグ(EL)でゴールを量産しているからだ。

 EL準決勝第1レグのセビージャ-バレンシア戦(日本時間25日午前4時開始)。EL通算13試合6得点のバッカが、前半36分に貴重な追加点を決めた。味方選手とのワンツーでDFライン背後を突き、GKの位置をチラ見しながらゴール左サイドネットにブチ込んだ。

 バッカは18歳で国内リーグデビュー。12年にベルギーの名門ブルージュに引き抜かれた。相手ゴール前にデンと構えるCFタイプだが、左右両サイドを俊足を生かして突破するのも得意。12─13年シーズンには25ゴールを挙げて得点王。タイトルを手土産に13年7月、セビージャに移籍した。今季スペインリーグで14得点。移籍1年目に素晴らしい数字を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る