米国でも無敗神話へ マー君初完封6連勝で日本人タイ記録

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が、8試合目の登板で大仕事をやってのけた。14日(日本時間15日)のインターリーグ・メッツ戦に登板。好調なメッツ打線を相手に4安打、8奪三振、無四球。メジャー初完封で6勝目(0敗)を挙げた。02年に石井一久(ドジャース)がマークした、メジャー初登板からの日本人投手による開幕からの連勝記録「6」に肩を並べた。DH制のないナ・リーグの本拠地で打席に立ち、九回の第4打席では3番手右腕バルベルデの153キロの直球を中前にはじき返す初安打もマークした。

■スタイダーで凡打の山を築く

 小雨が降りしきる中、敵地シティフィールドのマウンドに立った田中は立ち上がりにいきなりピンチを背負う。一回、1死後に2番マーフィーに甘く入った直球を捉えられ左前打を許す。バッテリーが無警戒だった隙を突かれて二盗され、得点圏に走者を背負う。しかし、後続の3、4番を打ち取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る