米国でも無敗神話へ マー君初完封6連勝で日本人タイ記録

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が、8試合目の登板で大仕事をやってのけた。14日(日本時間15日)のインターリーグ・メッツ戦に登板。好調なメッツ打線を相手に4安打、8奪三振、無四球。メジャー初完封で6勝目(0敗)を挙げた。02年に石井一久(ドジャース)がマークした、メジャー初登板からの日本人投手による開幕からの連勝記録「6」に肩を並べた。DH制のないナ・リーグの本拠地で打席に立ち、九回の第4打席では3番手右腕バルベルデの153キロの直球を中前にはじき返す初安打もマークした。

■スタイダーで凡打の山を築く

 小雨が降りしきる中、敵地シティフィールドのマウンドに立った田中は立ち上がりにいきなりピンチを背負う。一回、1死後に2番マーフィーに甘く入った直球を捉えられ左前打を許す。バッテリーが無警戒だった隙を突かれて二盗され、得点圏に走者を背負う。しかし、後続の3、4番を打ち取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る