米国でも無敗神話へ マー君初完封6連勝で日本人タイ記録

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)が、8試合目の登板で大仕事をやってのけた。14日(日本時間15日)のインターリーグ・メッツ戦に登板。好調なメッツ打線を相手に4安打、8奪三振、無四球。メジャー初完封で6勝目(0敗)を挙げた。02年に石井一久(ドジャース)がマークした、メジャー初登板からの日本人投手による開幕からの連勝記録「6」に肩を並べた。DH制のないナ・リーグの本拠地で打席に立ち、九回の第4打席では3番手右腕バルベルデの153キロの直球を中前にはじき返す初安打もマークした。

■スタイダーで凡打の山を築く

 小雨が降りしきる中、敵地シティフィールドのマウンドに立った田中は立ち上がりにいきなりピンチを背負う。一回、1死後に2番マーフィーに甘く入った直球を捉えられ左前打を許す。バッテリーが無警戒だった隙を突かれて二盗され、得点圏に走者を背負う。しかし、後続の3、4番を打ち取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る