• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国でも無敗神話へ マー君初完封6連勝で日本人タイ記録

 ヤンキース・田中将大(25)が、8試合目の登板で大仕事をやってのけた。14日(日本時間15日)のインターリーグ・メッツ戦に登板。好調なメッツ打線を相手に4安打、8奪三振、無四球。メジャー初完封で6勝目(0敗)を挙げた。02年に石井一久(ドジャース)がマークした、メジャー初登板からの日本人投手による開幕からの連勝記録「6」に肩を並べた。DH制のないナ・リーグの本拠地で打席に立ち、九回の第4打席では3番手右腕バルベルデの153キロの直球を中前にはじき返す初安打もマークした。

■スタイダーで凡打の山を築く

 小雨が降りしきる中、敵地シティフィールドのマウンドに立った田中は立ち上がりにいきなりピンチを背負う。一回、1死後に2番マーフィーに甘く入った直球を捉えられ左前打を許す。バッテリーが無警戒だった隙を突かれて二盗され、得点圏に走者を背負う。しかし、後続の3、4番を打ち取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る