ヤ軍首脳陣が危惧するマー君「メジャー1年目」数々の壁

公開日:  更新日:

 日本人投手、特にスターターが渡米して最初にぶつかる壁は、マウンドだといわれる。

 メジャーのマウンドは日本に比べて硬く、傾斜もきつい。スパイクの歯で地面を掘りにくいため、軸足も踏み出す足も踏ん張りが利かない。だから、日本にいたとき以上に下半身に負担がかかる。日本人投手の多くがメジャー1年目にスパイクの歯の形状を頻繁に変えるのは、マウンドに対応するべく、試行錯誤を繰り返しているからだ。

 投手によって個人差があるとはいえ、硬いマウンドの弊害が出るのは開幕から1、2カ月後。人によっては、ちょうどいまごろから異常を感じるようになる。足腰に疲れがたまり、次第に張りが生じるのだ。

 松坂(現メッツ)や黒田(現ヤンキース)も、メジャー1年目はマウンドの差異に苦しんだ。

 ヤンキースの田中(25)も、決して例外ではない。何人かの専門家は「田中はメジャーの硬いマウンドを苦にするタイプではない」と口をそろえる。実際、マウンドが変わっても結果を出しているし、「メジャーのマウンドはむしろ合っている」という指摘もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る