ヤ軍首脳陣が危惧するマー君「メジャー1年目」数々の壁

公開日:  更新日:

 日本人投手、特にスターターが渡米して最初にぶつかる壁は、マウンドだといわれる。

 メジャーのマウンドは日本に比べて硬く、傾斜もきつい。スパイクの歯で地面を掘りにくいため、軸足も踏み出す足も踏ん張りが利かない。だから、日本にいたとき以上に下半身に負担がかかる。日本人投手の多くがメジャー1年目にスパイクの歯の形状を頻繁に変えるのは、マウンドに対応するべく、試行錯誤を繰り返しているからだ。

 投手によって個人差があるとはいえ、硬いマウンドの弊害が出るのは開幕から1、2カ月後。人によっては、ちょうどいまごろから異常を感じるようになる。足腰に疲れがたまり、次第に張りが生じるのだ。

 松坂(現メッツ)や黒田(現ヤンキース)も、メジャー1年目はマウンドの差異に苦しんだ。

 ヤンキースの田中(25)も、決して例外ではない。何人かの専門家は「田中はメジャーの硬いマウンドを苦にするタイプではない」と口をそろえる。実際、マウンドが変わっても結果を出しているし、「メジャーのマウンドはむしろ合っている」という指摘もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る