和田監督が手を叩いて喜ぶ 阪神・上本の驚異的な回復力

公開日:  更新日:

5月初の連勝より

 指揮官はこっちの方がうれしいはずだ。
 阪神は18日のDeNA戦でゴメス、鳥谷の本塁打と代打新井良の貴重な2点適時打で勝利。5月に入り初の連勝で気分よく交流戦に突入できる。

 和田監督は、「交流戦はわからないもの同士の戦いだが、パ・リーグの打者は積極的に打ってくる。うちの打者も待たずに、振って、振ってタイミングを取っていきたい」と語った。

 そんな積極攻撃に欠かせない「リードオフマン」が帰ってくる。3日のヤクルト戦の守備中に右手親指を骨折した上本が17日の二軍戦(対オリックス)から実戦復帰。骨折した親指にはテーピングはしているもののプレーに支障はなく、20日のオリックス戦から合流可能だ。

■二軍落ちでチームも失速

 開幕3試合目に西岡が守備の際に福留と激突。戦線離脱した後、代役の上本は攻守にわたって大活躍。自身もケガで戦列を離れるまでの31試合で打率.336、出塁率.436。4月の快進撃(18勝10敗)を支えたが、上本がベンチから消えるとチームは6勝7敗と失速した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る