父・貢氏の入院で加速しそうな巨人・原監督の“非情采配”

公開日: 更新日:

 巨人が最下位のDeNAから今季5試合目で初黒星を喫した。6日の試合から再び指揮を執った原辰徳監督(55)は5日、心筋梗塞と大動脈解離を併発し、4日夕に緊急入院した父の貢氏(79=東海大系列野球部顧問)を見舞うため、初めて試合の行われた日にチームを離脱。名古屋から緊急帰京していた。

 合流した試合を1-2で競り負けたこの日の試合後、原監督は「(前日は)監督生活で初めて外から試合を見た? まあ、そのことは今日はいいんじゃない」と会見を打ち切った。さる球団関係者がこう言う。

「甲子園の優勝監督でもある病床の父・貢さんを原監督は今でも『師匠』と言います。巨人の監督を10年やっても、自身の采配について意見交換するほどの大きな存在で『心の支え』でもある。高校、大学と父子鷹でやってきたふたりの結びつきは普通の親子以上。何よりチームを最優先する原監督が中日戦の指揮を執らずに名古屋を離れたことでもそれは分かる。貢さんは妥協を許さないことで知られたアマ球界のドン。原監督は殴られながら野球の厳しさを骨身に叩き込まれているだけに、病床の父への思いが今後の采配、用兵に影響することは十分に考えられる。厳しさが増すのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る