日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季初勝利に安堵…内海が寸止めした巨人“負のスパイラル”

 10度目の正直だった。巨人の内海哲也(32)が29日の楽天戦で、7回4安打無失点の好投。開幕から10試合目の先発でやっと初勝利(5敗)を挙げた。「気持ちよかった。忘れてましたね」と笑顔を見せた本人以上に喜んだ選手がチームに2人いる。片岡(31)と長野(29)だ。

 オフにFAで巨人に移籍した片岡は、「極度の人見知り」(本人)。プロ10年目、4年連続盗塁王のキャリアがありながら、新天地でのキャンプでなかなかチームに馴染めず小さくなっていた。そこへ手を差し伸べたのが、社会人・東京ガス時代に同期だった内海。ナインとのパイプ役を買って出てくれ、「(内海)テツの時は特に打ってやりたいから力が入る」というのが片岡の口癖になっていた。球団関係者が言う。

「もうひとりの長野も他球団の指名を2度も断り、社会人を経由してドラフト1位で入団した経緯を気にしていた新人時代、真っ先に『(他球団を断ったのは)オレもそうやから。気にすることなんかあらへん』と、内海によく食事に連れていってもらったことを5年目の今でも恩義に感じているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事