3連続KO巨人・大竹 首脳陣の評価急落で「2軍落ち」危機

公開日: 更新日:

 巨人のFA右腕が3戦連続でKOされた。

 28日の楽天戦に先発した大竹寛(31)が6回4失点。3敗目を喫した。0-4の完封負けにムッツリの原監督は「勝負どころで粘れなかった。壁を越えてくれないと」と大竹に苦言。当然、首脳陣の評価は急落している。さる球団関係者が言う。

「開幕してしばらくは打線の援護にも恵まれ、破竹の勢いで5勝したけど、防御率の悪さと被安打数の多さからも、打たれる投手ということ。エースの内海がいまだ0勝で、周囲からは危機的状況に映るかもしれないけど、内容はずっと悪くないと、原監督は使い続ける意向。先日、右腕の小山が好投して今季初勝利を挙げているだけに、大竹の方がよっぽどヤバイ状況です」

■「あの杉内さんでも」

 キャンプ序盤、FA入団の先輩でもある杉内が「今年は信頼されるようにやらないと」と危機感を持って飛ばすのを見た大竹は「あの杉内さんでもそうなんですか。さすがに巨人は厳しいですね…」と話していた。この時は「プレッシャーはまだない。それはシーズンが始まってから」と笑っていたが、この日は「考え過ぎた」とコメント。FA入団の重圧をジワジワ感じ始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る