初回9点でもヒヤヒヤ 阪神が怖がるソフトバンク打線の重圧

公開日: 更新日:

 初回に先発全員得点となる9得点、フツーなら試合を決めたといっても過言ではない。それでも一時は3点差まで詰め寄られるなど、ヒヤヒヤしながら逃げ切ったのが8日の阪神だ。

 鳥谷に5号2ランが飛び出すなど打線はソフトバンク先発のオセゲラを初回でKOしながら、この日は投手陣がピリッとしない。先発の榎田が三回途中6失点でマウンドを降りれば、2番手の鶴も2失点。試合後の和田監督は、不甲斐ない投手陣をやり玉に挙げた。

「一回で8点差なんだから、投げてる投手はある程度、抑えないと。情報は生かさなければいけないのに、情報を怖がってる。(ソフトバンクが)打つのは分かっているんだから。そこが反省点です」

 ソフトバンクはチーム打率(2割8分5厘)と総得点(259)が、いずれもリーグダントツ。指揮官も言うように、今年のソフトバンク打線が強力なのはだれでも知っていることだ。スコアラーは山ほど情報を集めたに違いないが、それを生かすどころか振り回され、結果として先入観に押し潰されてしまったということか。和田監督が嘆くのももっともだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  7. 7

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る