• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豪に先制ゴール チリFWサンチェスは“大穴”得点王候補

 今大会得点王のダークホースに位置付けられているのがFWアレクシス・サンチェス(25=バルセロナ)だ。

 1次リーグ初戦のオーストラリア戦では前半12分に先制ゴール。

 169センチと小柄ながら巧みなドリブルに加えて大柄な選手にも当たり負けしないフィジカルの強さが武器。今季はリーガ・エスパニョーラで34試合に出場し、リーグ4位の19ゴールを決めた。

 チリ北部のトコピア出身。サンチェスが幼い頃に両親が離婚し、母親のマルティナさんは地元のスーパーの店員や清掃業などで生計を立て、4人の子供を育てた。家計は苦しくスパイクを買う余裕もなかったため、サンチェスはチームメートのお下がりを履いてプレーしたこともあるという。

 母親が苦労する姿を見て育ったからだろう。11年にバルセロナと年俸300万ユーロ(約4億円)で合意した際にはマルティナさんの故郷であるコピジャに総工費1億円の豪邸をプレゼントしている。

 難しい位置からでも強引にシュートを放つことから、母国では「ワンダーボーイ」の異名を持つ。今大会ではスーパーゴールを決めるか。試合はチリが3―1でオーストラリアに勝利した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る