豪に先制ゴール チリFWサンチェスは“大穴”得点王候補

公開日: 更新日:

 今大会得点王のダークホースに位置付けられているのがFWアレクシス・サンチェス(25=バルセロナ)だ。

 1次リーグ初戦のオーストラリア戦では前半12分に先制ゴール。

 169センチと小柄ながら巧みなドリブルに加えて大柄な選手にも当たり負けしないフィジカルの強さが武器。今季はリーガ・エスパニョーラで34試合に出場し、リーグ4位の19ゴールを決めた。

 チリ北部のトコピア出身。サンチェスが幼い頃に両親が離婚し、母親のマルティナさんは地元のスーパーの店員や清掃業などで生計を立て、4人の子供を育てた。家計は苦しくスパイクを買う余裕もなかったため、サンチェスはチームメートのお下がりを履いてプレーしたこともあるという。

 母親が苦労する姿を見て育ったからだろう。11年にバルセロナと年俸300万ユーロ(約4億円)で合意した際にはマルティナさんの故郷であるコピジャに総工費1億円の豪邸をプレゼントしている。

 難しい位置からでも強引にシュートを放つことから、母国では「ワンダーボーイ」の異名を持つ。今大会ではスーパーゴールを決めるか。試合はチリが3―1でオーストラリアに勝利した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る