日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代表の最大派閥“大久保組”はチームにプラス? マイナス?

香川と柿谷が“番頭格”

 ブラジルW杯が開幕した現地12日、日本代表はサンパウロ州イトゥ市内のベースキャンプ地で午後3時半(日本時間13日午前3時半)からチーム練習を行った。

 グループリーグ初戦のコートジボワール戦(日本時間15日午前10時キックオフ)に先発が予想されるFW本田圭佑(28)、FW香川真司(25)、FW岡崎慎司(28)、DF長友佑都(27)といった主力は順調に練習メニューを消化。13日午後には試合会場レシフェに向けて移動し、同午後8時半から前日公式練習を行う。

 これまでザックジャパンは、4年前の南アW杯で1トップとして日本代表をベスト16に引き上げた本田が「王様」として君臨してきた。年長者のMF遠藤保仁(34)、DF今野泰幸(31)、長谷部誠(30)は、性格的にオレが! オレが! というタイプではなく、むしろ本田をもり立てる側に回り、それでチーム内の均衡がとれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事