奥寺氏絶賛 独ミュラーいきなりハットで2大会連続得点王へ

公開日:  更新日:

 強豪ドイツがC・ロナウド率いるポルトガルを4-0で粉砕した。

 前半12分、ドイツFWゲッツェがPA内で倒されてPK。それをFWミュラーが落ち着いてゴール左に決めた。前半終了間際には、相手ゴール前でポルトガルDFアルベスがクリアしようとしたボールをカットし、そのまま左足でシュート。最高の時間帯にチーム3点目を決め、ポルトガルの息の根を完全に止めた。

 この得点と後半33分のチーム4点目は、まさに「ミュラー・ゴール」だった。右サイドを突破したFWシュルレが、低い弾道のシュート性のボールを入れた。GKルイパトリシオが機敏に動いて右手1本で好セーブ。しかし、はじいたボールの目の前にいたのはポルトガルDFではなく、やはりミュラーだった。すかさずゴールに叩き込み、ハットトリックの完成だ。

 ミュラーは、20歳で出場した10年南ア大会で5ゴールを決め、得点ランク・トップタイとアシスト数を評価され、得点王に与えられるゴールデンブーツ賞を受賞した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る