奥寺氏絶賛 独ミュラーいきなりハットで2大会連続得点王へ

公開日: 更新日:

 強豪ドイツがC・ロナウド率いるポルトガルを4-0で粉砕した。

 前半12分、ドイツFWゲッツェがPA内で倒されてPK。それをFWミュラーが落ち着いてゴール左に決めた。前半終了間際には、相手ゴール前でポルトガルDFアルベスがクリアしようとしたボールをカットし、そのまま左足でシュート。最高の時間帯にチーム3点目を決め、ポルトガルの息の根を完全に止めた。

 この得点と後半33分のチーム4点目は、まさに「ミュラー・ゴール」だった。右サイドを突破したFWシュルレが、低い弾道のシュート性のボールを入れた。GKルイパトリシオが機敏に動いて右手1本で好セーブ。しかし、はじいたボールの目の前にいたのはポルトガルDFではなく、やはりミュラーだった。すかさずゴールに叩き込み、ハットトリックの完成だ。

 ミュラーは、20歳で出場した10年南ア大会で5ゴールを決め、得点ランク・トップタイとアシスト数を評価され、得点王に与えられるゴールデンブーツ賞を受賞した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る