C・ロナウド頼りの脆さ露呈 ポルトガルがGL落ちの崖っぷち

公開日: 更新日:

 唯一といっていい“見せ場”は後半ロスタイムに訪れた。ゴール正面、距離30メートルのFK。ポルトガル代表の絶対的エース、ロナウド(29)が助走をとって右足を振り切る。無回転の弾丸シュートはゴールに一直線。相手GKは両手ではじき返すのが精いっぱいだった。

 しかし、この日のロナウドはキレがなかった。持ち味のスピードで相手を振り切ってシュートを放つ場面は数えるほどしかなかったし、FKをミスするなど、らしくないプレーが目立った。

 左ひざと左太もも裏に故障を抱えながらCL決勝まで戦い、コンディションはいまひとつ。ドイツ代表のロナウド対策にも苦しんだ。ドイツサッカー協会公認S級ライセンス指導者の鈴木良平氏(解説者)は言う。

「中盤からロナウドにパスが通らないように、ラーム、クロース、ケディラのMF3人が出どころを抑え込み、ロナウドにはDFボアテングをマンマークでつけ、徹底的にマッチアップさせて自由にプレーさせなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る