C・ロナウド頼りの脆さ露呈 ポルトガルがGL落ちの崖っぷち

公開日: 更新日:

 唯一といっていい“見せ場”は後半ロスタイムに訪れた。ゴール正面、距離30メートルのFK。ポルトガル代表の絶対的エース、ロナウド(29)が助走をとって右足を振り切る。無回転の弾丸シュートはゴールに一直線。相手GKは両手ではじき返すのが精いっぱいだった。

 しかし、この日のロナウドはキレがなかった。持ち味のスピードで相手を振り切ってシュートを放つ場面は数えるほどしかなかったし、FKをミスするなど、らしくないプレーが目立った。

 左ひざと左太もも裏に故障を抱えながらCL決勝まで戦い、コンディションはいまひとつ。ドイツ代表のロナウド対策にも苦しんだ。ドイツサッカー協会公認S級ライセンス指導者の鈴木良平氏(解説者)は言う。

「中盤からロナウドにパスが通らないように、ラーム、クロース、ケディラのMF3人が出どころを抑え込み、ロナウドにはDFボアテングをマンマークでつけ、徹底的にマッチアップさせて自由にプレーさせなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る