C・ロナウド頼りの脆さ露呈 ポルトガルがGL落ちの崖っぷち

公開日:  更新日:

 唯一といっていい“見せ場”は後半ロスタイムに訪れた。ゴール正面、距離30メートルのFK。ポルトガル代表の絶対的エース、ロナウド(29)が助走をとって右足を振り切る。無回転の弾丸シュートはゴールに一直線。相手GKは両手ではじき返すのが精いっぱいだった。

 しかし、この日のロナウドはキレがなかった。持ち味のスピードで相手を振り切ってシュートを放つ場面は数えるほどしかなかったし、FKをミスするなど、らしくないプレーが目立った。

 左ひざと左太もも裏に故障を抱えながらCL決勝まで戦い、コンディションはいまひとつ。ドイツ代表のロナウド対策にも苦しんだ。ドイツサッカー協会公認S級ライセンス指導者の鈴木良平氏(解説者)は言う。

「中盤からロナウドにパスが通らないように、ラーム、クロース、ケディラのMF3人が出どころを抑え込み、ロナウドにはDFボアテングをマンマークでつけ、徹底的にマッチアップさせて自由にプレーさせなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る