爆弾抱えながら早くも力投…大竹も感染した“巨人ウイルス”

公開日:  更新日:

 巨人で自分のペースを貫くことは難しい。FA選手のほとんどがそう感じるという。
 広島から巨人へFA移籍した大竹寛(30)が宮崎合同自主トレ2日目の29日、初めてブルペンに入った。途中からブルペン捕手を座らせて25球を力投。「肩はつくってきているから」と話した。

 当初からこれを懸念していたのが、同じく広島から巨人へFA移籍した経験を持つ川口投手総合コーチ。「右肩に爆弾を抱えているから開幕に間に合わせてくれればいい。スロースターターなのは分かっている」と助言していたが、やっぱりムリだった。前日の初日から16投手中11人がブルペン入り。FA入団の先輩でもある杉内が超ハイペースで飛ばしている姿を見たら、ノンビリもしていられなくなったのだろう。

 大竹は右肩痛の影響で、10年からの2年間で9試合しか投げていない。古傷の再発を最も恐れていた。だから、ソフトバンクとのFA交渉の際には、春季キャンプでの独自調整を希望し、「自分のペースでやりたいというのを理解してもらった。大事なことなので」と控えめな男にしては珍しく、譲れない部分だと力説していた。それでもムリをせざるを得なくなるのが、層の厚い巨人なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る