爆弾抱えながら早くも力投…大竹も感染した“巨人ウイルス”

公開日: 更新日:

 巨人で自分のペースを貫くことは難しい。FA選手のほとんどがそう感じるという。
 広島から巨人へFA移籍した大竹寛(30)が宮崎合同自主トレ2日目の29日、初めてブルペンに入った。途中からブルペン捕手を座らせて25球を力投。「肩はつくってきているから」と話した。

 当初からこれを懸念していたのが、同じく広島から巨人へFA移籍した経験を持つ川口投手総合コーチ。「右肩に爆弾を抱えているから開幕に間に合わせてくれればいい。スロースターターなのは分かっている」と助言していたが、やっぱりムリだった。前日の初日から16投手中11人がブルペン入り。FA入団の先輩でもある杉内が超ハイペースで飛ばしている姿を見たら、ノンビリもしていられなくなったのだろう。

 大竹は右肩痛の影響で、10年からの2年間で9試合しか投げていない。古傷の再発を最も恐れていた。だから、ソフトバンクとのFA交渉の際には、春季キャンプでの独自調整を希望し、「自分のペースでやりたいというのを理解してもらった。大事なことなので」と控えめな男にしては珍しく、譲れない部分だと力説していた。それでもムリをせざるを得なくなるのが、層の厚い巨人なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る