爆弾抱えながら早くも力投…大竹も感染した“巨人ウイルス”

公開日: 更新日:

 巨人で自分のペースを貫くことは難しい。FA選手のほとんどがそう感じるという。
 広島から巨人へFA移籍した大竹寛(30)が宮崎合同自主トレ2日目の29日、初めてブルペンに入った。途中からブルペン捕手を座らせて25球を力投。「肩はつくってきているから」と話した。

 当初からこれを懸念していたのが、同じく広島から巨人へFA移籍した経験を持つ川口投手総合コーチ。「右肩に爆弾を抱えているから開幕に間に合わせてくれればいい。スロースターターなのは分かっている」と助言していたが、やっぱりムリだった。前日の初日から16投手中11人がブルペン入り。FA入団の先輩でもある杉内が超ハイペースで飛ばしている姿を見たら、ノンビリもしていられなくなったのだろう。

 大竹は右肩痛の影響で、10年からの2年間で9試合しか投げていない。古傷の再発を最も恐れていた。だから、ソフトバンクとのFA交渉の際には、春季キャンプでの独自調整を希望し、「自分のペースでやりたいというのを理解してもらった。大事なことなので」と控えめな男にしては珍しく、譲れない部分だと力説していた。それでもムリをせざるを得なくなるのが、層の厚い巨人なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る