決起集会も…主力選手に深刻なザック不信とネガティブ思考

公開日: 更新日:

 香川は、2試合でシュートの1本も打っていない。近年まれに見る絶不調ぶりは明らかだが、もうひとり、攻撃のキーマンで2試合シュート0本のFWがいる。今季ドイツ1部で15ゴールを叩き込み、勇躍ブラジルに乗り込んだFW岡崎だ。

「日本代表では2列目右サイドが定位置。なのにギリシャ戦では左サイドや1トップで使われて混乱。精神的に落ち込んでしまった。ギリシャ戦の後から“ボクが悪い。すいません。すべてボクのせいです”を連発。完全にネガティブ思考にハマった。気持ちを前面に押し出してプレーする岡崎が、今のままだとコロンビア戦スタメン落ちもあり得ます」(前出の記者)

■本田、遠藤との関係も冷え切り…

 大黒柱のMF本田、チーム最年長のMF遠藤にしても、ザッケローニ監督への不信感が臨界点を越える寸前だという。そもそも、この2人と指揮官は、丁々発止を繰り広げた“前科”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る