生中継だからこそ発覚した李尚熹の「ルール違反」

公開日: 更新日:

 国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」の最終日は、意外な形で幕を閉じた。

 通算17アンダーで並んだ竹谷佳孝(34)と韓国の李尚熹(イ・サンヒ=22)のプレーオフという段になって、李が競技委員に呼ばれて11番グリーン上の行為が協議の対象になり、規則16-1a(i)の違反により2罰打が科されたからだ。結局、プレーオフに突入することなく、竹谷にツアー初勝利が転がり込んだ。

 問題は、李がボギーパットを打つ前にパッティングライン上の砂を払い、その際、右手指で3回グリーン面を押さえたことだった。李のルール違反は、テレビ視聴者からの問い合わせで発覚した。

 米ツアーでは、視聴者からの問い合わせでトッププロがルール違反に問われ、ペナルティーが科せられるのはよくあるという。昨年のマスターズ2日目には、タイガー・ウッズが誤った場所からのプレーを視聴者から指摘され、ペナルティーになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る