生中継だからこそ発覚した李尚熹の「ルール違反」

公開日:  更新日:

 国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」の最終日は、意外な形で幕を閉じた。

 通算17アンダーで並んだ竹谷佳孝(34)と韓国の李尚熹(イ・サンヒ=22)のプレーオフという段になって、李が競技委員に呼ばれて11番グリーン上の行為が協議の対象になり、規則16-1a(i)の違反により2罰打が科されたからだ。結局、プレーオフに突入することなく、竹谷にツアー初勝利が転がり込んだ。

 問題は、李がボギーパットを打つ前にパッティングライン上の砂を払い、その際、右手指で3回グリーン面を押さえたことだった。李のルール違反は、テレビ視聴者からの問い合わせで発覚した。

 米ツアーでは、視聴者からの問い合わせでトッププロがルール違反に問われ、ペナルティーが科せられるのはよくあるという。昨年のマスターズ2日目には、タイガー・ウッズが誤った場所からのプレーを視聴者から指摘され、ペナルティーになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る