日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝みなみ優勝後初ツアー 「相手が悪いよ」と報道陣から不満

 日本人がイヤがったんだろう。ゴルフ記者の間ではそんな声も出た。

 KKT杯バンテリンレディスを国内ツアー史上最年少の15歳で優勝したアマチュアの勝みなみ(鹿児島高)が快挙達成後、初出場することで注目されるサイバーエージェントレディス(鶴舞CC西C)。

 開幕を2日後に控えた30日の練習ラウンドに集まった報道陣からため息が漏れたのは、初日のペアリングが発表された際である。

 一緒に回るのが、申ジエとイ・ボミの韓国勢2人に決まって、なあんだよ、という反応が少なくなかったのだ。無論、実力的には申し分のない相手。イ・ボミはバンテリンで勝と優勝争いを演じ、1打差で敗れている。これは因縁があるからまだいいが……。

「もうひとりが、なぜ申ジエなのか。例えば、前年の優勝者で結婚が発表されたばかりの横峯さくら、あるいは人気も実力もある日本人とのペアなら、マスコミ的にはもっと盛り上げやすいのに、というわけです。初日のペアリングは主催者の意見が反映される。史上最年少優勝で一躍時の人となった勝には、初日から多くの記者とカメラマンがゾロゾロとついて歩くでしょう。同じく15歳で男子ツアーを制した石川遼のときがそうだったように、そんな状態じゃプレーに集中できないとブーたれる日本人選手はいる。アマチュアの勝と回っても、勝って当然、負ければ赤っ恥でいいことはひとつもない。日本人プロが余計な神経を使わないよう、主催者がペアリングに気を使うということはありますからね。出稼ぎの外国人からはそうした不満も出ませんから」(ツアー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事