ボクシング八重樫東 39戦全勝の挑戦者に「強すぎて困惑」

公開日: 更新日:

 どっちが王者だかわかったもんじゃない。

 23日に発表されたWBCフライ級王者の八重樫東(31)と、同ライトフライ級王者の井上尚弥(21)が9月に行うダブル防衛戦。会見に臨んだ両者は意気込みを語ったものの、表情も言葉もまったくの正反対だった。

 ランキング15位のサマートレック・ゴーキャットジム(29)と対戦する井上は「相手に何もさせないボクシングを目指したい」と、自信満々。

 一方、八重樫は「最後まで悔いのないように戦いたい」と、まるで負け戦に臨むかのような弁だったが、それも無理はない。なにせ挑戦者はWBAでミニマム級、ライトフライ級の2階級を制したローマン・ゴンザレス(27)。39戦全勝33KOの実績を引っ提げ、3階級制覇に挑む。強すぎるあまり、前WBAライトフライ級王者の井岡もすったもんだの末、対戦を回避したほどだ。

「(相手が)強すぎて困惑している」とも話した八重樫。

 善戦すれば評価が上がると前向きに考えるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る