ヤクルト球団社長に聞いてみた…バレ&ミレの“サボリ疑惑”

公開日:  更新日:

長期契約の弊害か

「サボリじゃないの?」
 ヤクルト周辺から、こんな声が聞こえてくる。

 まず、14日に左アキレス腱痛で登録抹消された主砲のバレンティン。13日の試合後に自ら痛みを訴え、手術はせずに回復を待つとのことで復帰時期は未定というが……。
「アキレス腱痛は去年から抱えていて、去年はそれでも60本塁打の日本新記録を打ち立てた。何もいきなり激しい痛みに襲われたわけじゃない。いつアメリカに帰ると言いだすか、関係者はヤキモキしている」(ヤクルトOB)

 疑惑の目は、ミレッジにも向けられている。開幕から不調で4月に二軍落ちし、5月に右肩痛を訴えて帰国。現地の病院で右肩関節の上方関節唇損傷手術を受け、今季中の復帰は絶望となったこっちも、「二軍落ちしていなかったら、今も一軍でプレーしていたんじゃないか」(前出のOB)というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る