W杯 惨敗ジャパンに残ったのは「経済損失300億円」

公開日: 更新日:

「捕らぬ狸のナントカ」だ。

 日本サッカー協会は、14年度予算に「ブラジルW杯ベスト8入り」を想定して予算を組んだ。
 FIFAは、W杯全出場国に対して「出場料8億2000万円」をボーナスとして支給する。勝ち進むとボーナスは増額され、ベスト8に入ると14億3000万円にアップ。その金額を前提に編成したが、結局1分け2敗であえなく1次リーグ敗退となり、ザッケローニ監督と選手は27日夕に険しい表情で帰国した。

「ブラジルW杯の目標設定が、前回南ア大会のベスト16を上回るベスト8だった。予算編成の際にベスト8以下を想定するのは問題アリという声が強く、それで14億3000万円が織り込まれた。6億1000万円の“大幅減額”です」(マスコミ関係者)

■岡田監督は「ベスト4」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る