W杯 惨敗ジャパンに残ったのは「経済損失300億円」

公開日: 更新日:

「捕らぬ狸のナントカ」だ。

 日本サッカー協会は、14年度予算に「ブラジルW杯ベスト8入り」を想定して予算を組んだ。
 FIFAは、W杯全出場国に対して「出場料8億2000万円」をボーナスとして支給する。勝ち進むとボーナスは増額され、ベスト8に入ると14億3000万円にアップ。その金額を前提に編成したが、結局1分け2敗であえなく1次リーグ敗退となり、ザッケローニ監督と選手は27日夕に険しい表情で帰国した。

「ブラジルW杯の目標設定が、前回南ア大会のベスト16を上回るベスト8だった。予算編成の際にベスト8以下を想定するのは問題アリという声が強く、それで14億3000万円が織り込まれた。6億1000万円の“大幅減額”です」(マスコミ関係者)

■岡田監督は「ベスト4」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る