日本の必勝パターンぶち壊した大久保の「オレが、オレが」

公開日:  更新日:

 サプライズで代表入りした大久保嘉人(32)は5月の鹿児島・指宿合宿から日本代表に合流。以前から顔見知りだったFW柿谷曜一朗、香川たちが大久保を取り囲み、もともと親分肌の大久保をトップにした「大久保組」が形成され、これが代表チーム内に微妙なカゲを落とすことになった。

 チーム内に確固たる地歩を築いた大久保は、ピッチ上でも「思ったことはズケズケと言わないと気が済まない」(現地取材中のサッカー記者)性格もあり、チームメートに対して「前線のオレに縦パスが入らない」「まずはオレに当てろ」「ボールを奪われても取り返してやる」と言いたい放題。主将のMF長谷部が「嘉人さんは何でもオレに、オレにという人なので……」とゲンナリしていた。

 ザックジャパンは左サイドの香川、左SB長友佑都、トップ下の本田が連係してパスをつなぎながらチャンスをつくり、最後は2列目右のFW岡崎がゴールを決める――という必殺パターンがあった。そこに大久保が加わり、1トップから2列目左右のポジションを好き勝手に動き回ることで、定番の攻撃パターンを崩すことになった。

 大久保を選んだザッケローニにも責任はあるだろうが、チームのためにコンビネーションを取ることよりも「オレが決めてやる!」とシャカリキになり、チームを混乱させた大久保の罪は重い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る