日本の必勝パターンぶち壊した大久保の「オレが、オレが」

公開日:  更新日:

 サプライズで代表入りした大久保嘉人(32)は5月の鹿児島・指宿合宿から日本代表に合流。以前から顔見知りだったFW柿谷曜一朗、香川たちが大久保を取り囲み、もともと親分肌の大久保をトップにした「大久保組」が形成され、これが代表チーム内に微妙なカゲを落とすことになった。

 チーム内に確固たる地歩を築いた大久保は、ピッチ上でも「思ったことはズケズケと言わないと気が済まない」(現地取材中のサッカー記者)性格もあり、チームメートに対して「前線のオレに縦パスが入らない」「まずはオレに当てろ」「ボールを奪われても取り返してやる」と言いたい放題。主将のMF長谷部が「嘉人さんは何でもオレに、オレにという人なので……」とゲンナリしていた。

 ザックジャパンは左サイドの香川、左SB長友佑都、トップ下の本田が連係してパスをつなぎながらチャンスをつくり、最後は2列目右のFW岡崎がゴールを決める――という必殺パターンがあった。そこに大久保が加わり、1トップから2列目左右のポジションを好き勝手に動き回ることで、定番の攻撃パターンを崩すことになった。

 大久保を選んだザッケローニにも責任はあるだろうが、チームのためにコンビネーションを取ることよりも「オレが決めてやる!」とシャカリキになり、チームを混乱させた大久保の罪は重い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る