「メンタルの弱さ」克服できずにブラジル入りした岡崎の不徳

公開日:  更新日:

 今大会1ゴールに終わった岡崎慎司(28)も戦犯のひとりだ。

 大会直前にFW大久保がチームに加わったことで、不慣れな2列目左をやらされたり、いきなりコロンビア戦の1トップで起用されたりするなど、同情すべき部分はある。しかし、自身のウイークポイントを4年前から克服できないままブラジルに乗り込んだ岡崎の責任は大きい。

「岡崎は昔から深刻に考え込むタイプ。なかなかゴールが生まれない状況で〈自分が決めてやる〉と意気込めば意気込むほど、深みにはまってしまう。4年前の南アフリカW杯でも、大会直前に『1トップ失格』の烙印(らくいん)を押されてポジションを外されたときは、思い悩んで不眠症、皮膚炎、食欲減退の症状が出た。今回も悩んで反省ばかりしていました」(現地取材中のサッカー記者)

 最終戦のコロンビア戦を控え、岡崎は「考えることに疲れた。もう無心でやる。無心でボールを受け、少しでも前に運ぶ」と話していたが、こんなセリフが出てくること自体、考え過ぎている証拠。初戦敗退後は「勝たなくてよかったと思う」と問題発言もあった。

 相手選手のヒジ打ちで鼻血を出し、後半24分に退いた岡崎。弱点を克服できないでW杯に突入したのでは、大会を通して活躍できるハズもなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る