「メンタルの弱さ」克服できずにブラジル入りした岡崎の不徳

公開日: 更新日:

 今大会1ゴールに終わった岡崎慎司(28)も戦犯のひとりだ。

 大会直前にFW大久保がチームに加わったことで、不慣れな2列目左をやらされたり、いきなりコロンビア戦の1トップで起用されたりするなど、同情すべき部分はある。しかし、自身のウイークポイントを4年前から克服できないままブラジルに乗り込んだ岡崎の責任は大きい。

「岡崎は昔から深刻に考え込むタイプ。なかなかゴールが生まれない状況で〈自分が決めてやる〉と意気込めば意気込むほど、深みにはまってしまう。4年前の南アフリカW杯でも、大会直前に『1トップ失格』の烙印(らくいん)を押されてポジションを外されたときは、思い悩んで不眠症、皮膚炎、食欲減退の症状が出た。今回も悩んで反省ばかりしていました」(現地取材中のサッカー記者)

 最終戦のコロンビア戦を控え、岡崎は「考えることに疲れた。もう無心でやる。無心でボールを受け、少しでも前に運ぶ」と話していたが、こんなセリフが出てくること自体、考え過ぎている証拠。初戦敗退後は「勝たなくてよかったと思う」と問題発言もあった。

 相手選手のヒジ打ちで鼻血を出し、後半24分に退いた岡崎。弱点を克服できないでW杯に突入したのでは、大会を通して活躍できるハズもなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る