プレミア勢の獲得参戦も 移籍市場で急騰するロドリゲス株

公開日: 更新日:

 ウルグアイ戦(現地28日)の衝撃的な2ゴールで得点王争いのトップに立ち、今大会の主役に躍り出たコロンビアの新鋭MFハメス・ロドリゲス(22)。

 その活躍は瞬く間に世界中に知れ渡り、移籍マーケットでの評価もウナギのぼり。金満クラブが多いイングランドからは、早速オファーの噂が聞こえてきた。

 英サッカーサイト「コート・オフサイド」は29日、英プレミアリーグのチェルシーが、ロドリゲスが所属するフランスリーグのASモナコに対し、同じくコロンビアのエースであるファルカオ(28)と2人合わせて移籍金9600万ポンド(約166億円)を提示する用意があると報じた。

 英デイリー・スター紙によれば、チェルシーのライバルであるマンチェスター・ユナイテッドもロドリゲス獲得に名乗りを上げるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る