ブラジル代表も守備重視 日本代表に求められるのは「手堅さ」

公開日:  更新日:

「W杯は世界最強の国を決める大会ではない」と看破したのは、元ブラジル代表MFの故・ソクラテスだった。

 ソクラテス、そしてジーコのいた82年W杯ブラジル代表は、ペレたちのいた史上最強の70年大会以来、最良の選手を集めたと評価されていた。しかし、その才能あるブラジル代表は準決勝前でイタリアに敗れた。ジーコはこのイタリア戦について「10回対戦すればブラジルが8回は勝つことが出来た試合だった」と振り返る。

 サッカーとはちょっとした運で勝負が決まることがある。しかもW杯は、短期間で行われる。だから、1次リーグから負けないサッカーが必要となってくる。

 今大会の日本代表は、そうしたサッカーが全くできなかった。ACミランの本田圭佑、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、インテルミラノの長友佑都。所属チームを羅列すると、今回の日本代表の攻撃陣は過去最強のように見えた。しかし、ミスの多いセンターバックの起用など、守備には明らかに問題があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る