ブラジル代表も守備重視 日本代表に求められるのは「手堅さ」

公開日: 更新日:

「W杯は世界最強の国を決める大会ではない」と看破したのは、元ブラジル代表MFの故・ソクラテスだった。

 ソクラテス、そしてジーコのいた82年W杯ブラジル代表は、ペレたちのいた史上最強の70年大会以来、最良の選手を集めたと評価されていた。しかし、その才能あるブラジル代表は準決勝前でイタリアに敗れた。ジーコはこのイタリア戦について「10回対戦すればブラジルが8回は勝つことが出来た試合だった」と振り返る。

 サッカーとはちょっとした運で勝負が決まることがある。しかもW杯は、短期間で行われる。だから、1次リーグから負けないサッカーが必要となってくる。

 今大会の日本代表は、そうしたサッカーが全くできなかった。ACミランの本田圭佑、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、インテルミラノの長友佑都。所属チームを羅列すると、今回の日本代表の攻撃陣は過去最強のように見えた。しかし、ミスの多いセンターバックの起用など、守備には明らかに問題があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る