ブラジル代表も守備重視 日本代表に求められるのは「手堅さ」

公開日:  更新日:

「W杯は世界最強の国を決める大会ではない」と看破したのは、元ブラジル代表MFの故・ソクラテスだった。

 ソクラテス、そしてジーコのいた82年W杯ブラジル代表は、ペレたちのいた史上最強の70年大会以来、最良の選手を集めたと評価されていた。しかし、その才能あるブラジル代表は準決勝前でイタリアに敗れた。ジーコはこのイタリア戦について「10回対戦すればブラジルが8回は勝つことが出来た試合だった」と振り返る。

 サッカーとはちょっとした運で勝負が決まることがある。しかもW杯は、短期間で行われる。だから、1次リーグから負けないサッカーが必要となってくる。

 今大会の日本代表は、そうしたサッカーが全くできなかった。ACミランの本田圭佑、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、インテルミラノの長友佑都。所属チームを羅列すると、今回の日本代表の攻撃陣は過去最強のように見えた。しかし、ミスの多いセンターバックの起用など、守備には明らかに問題があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る