ネイマール不発ドロー ブラジルが露呈したCFの決定力不足

公開日: 更新日:

 大本命のブラジル代表が、“格下”メキシコ代表相手にまさかのスコアレスドローに終わった。

 決定機は何度もあった。前半26分、SBアウベス(31)からの右クロスにFWネイマール(22)がドンピシャのタイミングでヘディングしたが、横っ跳びしたGKオチョア(28)に右手1本で阻まれた。

 後半24分に左クロスからネイマールが放った左足ボレーもオチョアに体ではじき出され、後半41分、左クロスからDFチアゴシウバ(29)が合わせた強烈ヘッドもオチョアがブロック。0―0の引き分けに終わった。

 相手GKに神懸かりセーブを連発されたとはいえ、この日のブラジル代表には、期待されているような圧倒的な強さは感じられなかった。後半はメキシコ代表にゴール前のスペースを使われて攻め込まれる展開が続き、危険なミドルシュートを何本も浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  7. 7

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  10. 10

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

もっと見る