• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネイマール不発ドロー ブラジルが露呈したCFの決定力不足

 大本命のブラジル代表が、“格下”メキシコ代表相手にまさかのスコアレスドローに終わった。

 決定機は何度もあった。前半26分、SBアウベス(31)からの右クロスにFWネイマール(22)がドンピシャのタイミングでヘディングしたが、横っ跳びしたGKオチョア(28)に右手1本で阻まれた。

 後半24分に左クロスからネイマールが放った左足ボレーもオチョアに体ではじき出され、後半41分、左クロスからDFチアゴシウバ(29)が合わせた強烈ヘッドもオチョアがブロック。0―0の引き分けに終わった。

 相手GKに神懸かりセーブを連発されたとはいえ、この日のブラジル代表には、期待されているような圧倒的な強さは感じられなかった。後半はメキシコ代表にゴール前のスペースを使われて攻め込まれる展開が続き、危険なミドルシュートを何本も浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事