とかく神経に障る ブラジルが毛嫌うアルゼンチンのプレー

公開日: 更新日:

「アルゼンチン人は幼いうちに殺しておけ、とブラジルでは言うんだ」

 ドキリとする言い回しを教えてくれたのは、元ブラジル代表でセレッソ大阪でプレーしたジウマールだ。

「アルゼンチン代表は大したように見えなくても、常に警戒しなければならない。あいつらはフォークランド諸島を巡って英国と戦争するようなやつらだ。いわばナイフで銃を持っている人間に立ち向かうようなものだ」

 冗談交じりに言ったのは、横浜フリューゲルスでプレーした、左利きのフリーキックの天才、エドゥーだった。

 ブラジル人にとって隣国のアルゼンチンは、日本と韓国の関係にも似て、最も対抗心を燃やす相手である。

■ともにW杯優勝経験

 両国ともW杯優勝経験のある強豪国であるが、そのスタイルは違う。サイドバックに差異が表れる。同じ4人のディフェンダーを並べたとしても、ブラジルのマルセロ、アウベスが積極的に攻撃参加するのと比べるとアルゼンチンのサイドバックは守備を重視する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る