とかく神経に障る ブラジルが毛嫌うアルゼンチンのプレー

公開日:  更新日:

「アルゼンチン人は幼いうちに殺しておけ、とブラジルでは言うんだ」

 ドキリとする言い回しを教えてくれたのは、元ブラジル代表でセレッソ大阪でプレーしたジウマールだ。

「アルゼンチン代表は大したように見えなくても、常に警戒しなければならない。あいつらはフォークランド諸島を巡って英国と戦争するようなやつらだ。いわばナイフで銃を持っている人間に立ち向かうようなものだ」

 冗談交じりに言ったのは、横浜フリューゲルスでプレーした、左利きのフリーキックの天才、エドゥーだった。

 ブラジル人にとって隣国のアルゼンチンは、日本と韓国の関係にも似て、最も対抗心を燃やす相手である。

■ともにW杯優勝経験

 両国ともW杯優勝経験のある強豪国であるが、そのスタイルは違う。サイドバックに差異が表れる。同じ4人のディフェンダーを並べたとしても、ブラジルのマルセロ、アウベスが積極的に攻撃参加するのと比べるとアルゼンチンのサイドバックは守備を重視する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る