「検証」より「新監督」 前のめりサッカー協会の“本末転倒”

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会は1日、臨時技術委員会を開き、代表監督選定の責任者としてザッケローニ監督を招聘した原博実委員長(統括、強化担当)が、「この4年間の流れが分からないと(代表監督選びは)難しい。継続性も必要。4年間を知っている自分が中心になって(後任監督候補と)交渉したい」と話した。

 後任のメドについては「すでに決まったような報道が多いが、まだ何も決まってない。すべてはこれから」と苦笑しながら、「リストアップはしている。9月(上旬)の代表戦2試合に間に合わせたい」と付け加えた。

 報道によると後任は、母国メキシコ代表を02、10年W杯でベスト16に導いたハビエル・アギーレ(55)に内定済み。原委員長がウソをついているか、それともスポーツマスコミがデタラメを書いているのか……。あるサッカージャーナリストがこう解説してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  11. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る