ネイマール、チアゴ・シウバを欠くブラジルの“奥の手”

公開日:  更新日:

 コロンビア戦で腰椎骨折の大ケガを負ったFWネイマール(22)。アルゼンチンのサポーター連中にとっては「ザマアミロ!」の出来事だったようだ。アルゼンチン─ベルギー戦の前、スタジアムの周辺で腰椎の模型を高く掲げながら「オーレ! オーレ!」と何度も叫んでいる姿が、スペインのスポーツ紙「ムンド・デポルティボ」(電子版)で報じられた。長年のライバル同士とはいえ、「そこまでやるか!」と物議を醸している。

 ともあれ、ブラジルは準決勝の大一番・ドイツ戦(日本時間9日午前5時キックオフ)に攻守の二枚看板を欠いた戦いを強いられる。攻撃の主軸ネイマールの戦線離脱に加え、DFラインを統率するCBにして主将のチアゴ・シウバ(29)が、累積警告によってドイツ戦は出場できないからだ。 ネイマールもチアゴ・シウバも、いわゆる“代えのきかない”選手。しかし、さすがはサッカー王国ブラジルである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る