ブラジルサポーターが恐れる「ミック・ジャガーの呪い」って?

公開日: 更新日:

 英紙「デイリー・メール」によると、W杯準々決勝ブラジル-コロンビア戦で、数百人のブラジルサポーターがコロンビアのユニホームを着たミック・ジャガー(70)のパネルを持ち込むという“珍現象”が起こったという。

 実は、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが応援したチームがW杯でことごとく敗れるという“負のジンクス”があることから、対戦チームのユニホームを着たミックのパネルを掲げて呪いをかけるブラジルサポーターが続出、世界中の話題になっているのだ。

 今大会ではイタリア、ポルトガル、イングランドがすでに呪いの犠牲になっている。3カ国ともミックがコンサートのMCや公式ツイッターで応援を公言していた。

「ミック・ジャガーの呪い」の発端は前回の南ア大会にさかのぼる。ミックがスタジアムで応援したアメリカと母国イングランドがともに敗れたことから、サッカーファンの間で語られ始めた。

 すでにブラジル国内では、「ブラジルを応援せず、ドイツやアルゼンチンに向けるようミックを本気で説得するべきだ」という声まで上がっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る