ブラジルサポーターが恐れる「ミック・ジャガーの呪い」って?

公開日:  更新日:

 英紙「デイリー・メール」によると、W杯準々決勝ブラジル-コロンビア戦で、数百人のブラジルサポーターがコロンビアのユニホームを着たミック・ジャガー(70)のパネルを持ち込むという“珍現象”が起こったという。

 実は、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが応援したチームがW杯でことごとく敗れるという“負のジンクス”があることから、対戦チームのユニホームを着たミックのパネルを掲げて呪いをかけるブラジルサポーターが続出、世界中の話題になっているのだ。

 今大会ではイタリア、ポルトガル、イングランドがすでに呪いの犠牲になっている。3カ国ともミックがコンサートのMCや公式ツイッターで応援を公言していた。

「ミック・ジャガーの呪い」の発端は前回の南ア大会にさかのぼる。ミックがスタジアムで応援したアメリカと母国イングランドがともに敗れたことから、サッカーファンの間で語られ始めた。

 すでにブラジル国内では、「ブラジルを応援せず、ドイツやアルゼンチンに向けるようミックを本気で説得するべきだ」という声まで上がっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る