サントスFC育成トップが語るネイマール「本当の凄さ」

公開日: 更新日:

 3試合目でようやくブラジルらしさを見せた。その中心はもちろん、FWネイマール(22)である。

 ネイマールは柔らかい足技のドリブルの印象が強いが、彼の凄さはそれだけではない。サントスFC下部組織のコーディネーターであるリマから、ネイマールを見いだしたときの話を聞いたことがある。当時、ネイマールは11歳だった。

「サッカー選手として能力があるかどうかは走り方を見ただけである程度分かる。さらに大切なのはボールを受けた瞬間の動きだ」

 サッカーで最も大切な技術は、ボールをきちんと止めること、そして自分の狙ったところに蹴ること、この2点である。トップのサッカー選手はこの2つの技術を素早く、正確にこなす。

 その上でドリブルで自らがボールを運ぶのか、あるいはパスを出すのか、シュートを打つのかを瞬時に見極める。リマがネイマールを気に入ったのは、まさにこの点だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る