スニガ「処分なし」のFIFA裁定で懸念される怒りの増幅

公開日:  更新日:

 FIFA(国際サッカー連盟)は7日、W杯準々決勝ブラジル―コロンビア戦でFWネイマールの背中に膝蹴りをくらわせ腰椎を骨折させたDFスニガ(写真=AP)に対し、何ら処分しないことを発表した。「試合中にイエローカードやレッドカードが出されなかったこと」が理由だという。

 イタリア選手への「噛みつき」で代表戦9試合の出場停止処分や罰金などを科せられたウルグアイFWスアレスとは対照的な結果に、現地では批判の声も上がっている。

 今回のFIFAの裁定で厳罰が下されれば、ネイマールに大けがを負わせたスニガに対するファンの怒りは少しは収まったかもしれない。それが無罪放免では、逆に恨みは増すことになるともっぱらだ。

 南米ではサッカーの勝敗に金を賭けるのは当たり前。過去には自国の敗戦の原因となった選手が殺された例もある。ネイマールを負傷させた直後から、スニガの写真共有アプリには6000件以上の批判コメントが殺到。中には「襲撃」をほのめかすコメントも数多くあったという。

 ブラジルが9日(日本時間)のドイツ戦に負けたら……サッカー王国の至宝をつぶされたブラジル国民は、感情を抑えられるのか。FIFAの「大甘裁定」は、今後もさまざまな波紋を呼びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る