スニガ「処分なし」のFIFA裁定で懸念される怒りの増幅

公開日:  更新日:

 FIFA(国際サッカー連盟)は7日、W杯準々決勝ブラジル―コロンビア戦でFWネイマールの背中に膝蹴りをくらわせ腰椎を骨折させたDFスニガ(写真=AP)に対し、何ら処分しないことを発表した。「試合中にイエローカードやレッドカードが出されなかったこと」が理由だという。

 イタリア選手への「噛みつき」で代表戦9試合の出場停止処分や罰金などを科せられたウルグアイFWスアレスとは対照的な結果に、現地では批判の声も上がっている。

 今回のFIFAの裁定で厳罰が下されれば、ネイマールに大けがを負わせたスニガに対するファンの怒りは少しは収まったかもしれない。それが無罪放免では、逆に恨みは増すことになるともっぱらだ。

 南米ではサッカーの勝敗に金を賭けるのは当たり前。過去には自国の敗戦の原因となった選手が殺された例もある。ネイマールを負傷させた直後から、スニガの写真共有アプリには6000件以上の批判コメントが殺到。中には「襲撃」をほのめかすコメントも数多くあったという。

 ブラジルが9日(日本時間)のドイツ戦に負けたら……サッカー王国の至宝をつぶされたブラジル国民は、感情を抑えられるのか。FIFAの「大甘裁定」は、今後もさまざまな波紋を呼びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る