スニガ「処分なし」のFIFA裁定で懸念される怒りの増幅

公開日: 更新日:

 FIFA(国際サッカー連盟)は7日、W杯準々決勝ブラジル―コロンビア戦でFWネイマールの背中に膝蹴りをくらわせ腰椎を骨折させたDFスニガ(写真=AP)に対し、何ら処分しないことを発表した。「試合中にイエローカードやレッドカードが出されなかったこと」が理由だという。

 イタリア選手への「噛みつき」で代表戦9試合の出場停止処分や罰金などを科せられたウルグアイFWスアレスとは対照的な結果に、現地では批判の声も上がっている。

 今回のFIFAの裁定で厳罰が下されれば、ネイマールに大けがを負わせたスニガに対するファンの怒りは少しは収まったかもしれない。それが無罪放免では、逆に恨みは増すことになるともっぱらだ。

 南米ではサッカーの勝敗に金を賭けるのは当たり前。過去には自国の敗戦の原因となった選手が殺された例もある。ネイマールを負傷させた直後から、スニガの写真共有アプリには6000件以上の批判コメントが殺到。中には「襲撃」をほのめかすコメントも数多くあったという。

 ブラジルが9日(日本時間)のドイツ戦に負けたら……サッカー王国の至宝をつぶされたブラジル国民は、感情を抑えられるのか。FIFAの「大甘裁定」は、今後もさまざまな波紋を呼びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る