ロドリゲス不発…ブラジルに差を見せつけられたコロンビア

公開日: 更新日:

 今W杯絶好調のコロンビアは、5得点のエースFWハメス・ロドリゲス(22)を擁して「4試合11得点」「失点2」と攻守のバランスが見事に噛み合い、準々決勝ブラジル戦に乗り込んできた。しかし、スペクタクルより負けないサッカーを徹底するブラジル相手に後手に回ってしまい、力の差を見せつけられた。

 前半7分にブラジルが先制。左CKをファーサイドで待ち受けたCBチアゴ・シウバが左膝に当てて押し込んだ。リードされたコロンビアは攻撃に厚みを持たせ、何度も何度もブラジルゴールを急襲したいところだが、ブラジルの体を張った守りに封じられ、イライラしてはファウルを犯し、ロドリゲスも審判に異議を申し立てるシーンばかりが目に付いた。

 これが後半24分のブラジルの2点目につながった。FWフッキがドリブル突破。ロドリゲスがタックルに入る。フッキは明らかに「ファウル」をもらおうとしていた。ロドリゲスの足に乗り掛かるようにして倒れ、主審はファウルを宣告した上にイエローカード。ロドリゲスは激怒。フッキはしてやったりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る