ロドリゲス不発…ブラジルに差を見せつけられたコロンビア

公開日: 更新日:

 今W杯絶好調のコロンビアは、5得点のエースFWハメス・ロドリゲス(22)を擁して「4試合11得点」「失点2」と攻守のバランスが見事に噛み合い、準々決勝ブラジル戦に乗り込んできた。しかし、スペクタクルより負けないサッカーを徹底するブラジル相手に後手に回ってしまい、力の差を見せつけられた。

 前半7分にブラジルが先制。左CKをファーサイドで待ち受けたCBチアゴ・シウバが左膝に当てて押し込んだ。リードされたコロンビアは攻撃に厚みを持たせ、何度も何度もブラジルゴールを急襲したいところだが、ブラジルの体を張った守りに封じられ、イライラしてはファウルを犯し、ロドリゲスも審判に異議を申し立てるシーンばかりが目に付いた。

 これが後半24分のブラジルの2点目につながった。FWフッキがドリブル突破。ロドリゲスがタックルに入る。フッキは明らかに「ファウル」をもらおうとしていた。ロドリゲスの足に乗り掛かるようにして倒れ、主審はファウルを宣告した上にイエローカード。ロドリゲスは激怒。フッキはしてやったりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る