中日・吉見の執刀医に聞いた 「田中はリハビリで治るのか」

公開日:  更新日:

 6週間の離脱が決まった田中将大(25)は11日(日本時間12日)、チームを通じて談話を発表した。

「このような形でチームを離れることになり、チームメート、そしてファンの皆さまには大変申し訳なく思っております。球団からの発表の通り、これから数週間のリハビリに入りますが、これも長い野球人生の一部であると受け止めています。選手としてプレーを続けている以上、故障するリスクは常にあります。そういった状況に陥ったとき大切なのは、しっかりと自分の体と向き合い、一日でも早く復帰できるように努めることだと思います。皆さまに元気な姿を見せられるよう頑張ります」

 田中はこの日、チームドクターのクリストファー・アーマド氏の診察を受けるため滞在していたシアトルを離れ、地元ニューヨークに戻った。今後は14日にもニューヨーク市内の病院で細胞や組織の再生を促進する「プレートレット・リッチ・プラズマ(PRP)」と言われる治療を受ける。これは自身の血液を採取して組織等の再生を促すため、密度を高くした血小板を患部に注射する治療法だ。複数の米メディアによれば、アダム・ウェインライト(カージナルス)、アービン・サンタナ(ブレーブス)らが同様の治療を受けて、手術を回避したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る