中日・吉見の執刀医に聞いた 「田中はリハビリで治るのか」

公開日:  更新日:

 6週間の離脱が決まった田中将大(25)は11日(日本時間12日)、チームを通じて談話を発表した。

「このような形でチームを離れることになり、チームメート、そしてファンの皆さまには大変申し訳なく思っております。球団からの発表の通り、これから数週間のリハビリに入りますが、これも長い野球人生の一部であると受け止めています。選手としてプレーを続けている以上、故障するリスクは常にあります。そういった状況に陥ったとき大切なのは、しっかりと自分の体と向き合い、一日でも早く復帰できるように努めることだと思います。皆さまに元気な姿を見せられるよう頑張ります」

 田中はこの日、チームドクターのクリストファー・アーマド氏の診察を受けるため滞在していたシアトルを離れ、地元ニューヨークに戻った。今後は14日にもニューヨーク市内の病院で細胞や組織の再生を促進する「プレートレット・リッチ・プラズマ(PRP)」と言われる治療を受ける。これは自身の血液を採取して組織等の再生を促すため、密度を高くした血小板を患部に注射する治療法だ。複数の米メディアによれば、アダム・ウェインライト(カージナルス)、アービン・サンタナ(ブレーブス)らが同様の治療を受けて、手術を回避したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る