チームと話し合い要求も…暴落止まらない香川の市場価値

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯でノーゴールだったFW香川真司(25)の評価が、海外でガタ落ちだ。英紙は「説得力のない出来だった」として、マンU“クビ寸前リスト(Axe is poised)”に挙げていた。

 また、「マンUで出番がないのなら戻ってくればいい」と好意的だった古巣の独・ドルトムントですら、ピタッとラブコールが止まってしまった。W杯での不甲斐ないパフォーマンスに、有力クラブから見向きもされなくなってしまった可能性がある。

「香川の魅力はアタッキングサードからDFをかわしてのドリブル突破と、そこから自分でフィニッシュにまで持ち込めるスピードとテクニックが一番の武器だったのに、ブラジルでは何も見せられませんでした。それが評価を下げた最大の原因です」(サッカーライター・平野史氏)

 香川はドルトムントに移籍した2010-11、11-12年シーズンと2年連続で国内リーグ優勝の立役者になり、その活躍で12年夏にマンUに移籍金16億円で引き抜かれた。12-13年シーズンこそファーガソン監督のもとで成績を残し、移籍金相場も20億~25億円に跳ね上がった。しかし13-14年は監督が代わり出場機会を減らされ、プロ人生初のノーゴールという屈辱を味わった。それだけに本大会は香川にとっても、ヨーロッパ市場で価値を再度高めるチャンスだったが、それも失敗に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る