絶不調でフル出場 本田はサッカーができる体調だったのか?

公開日: 更新日:

 ザッケローニ監督の最大の見込み違いが、大黒柱・本田圭佑が体調の不安を抱えコンディションを崩していたことだ。

 本田には喉仏の下にクッキリと10センチの手術痕があり、バセドー病の症状が進んで「甲状腺切除手術に踏み切った」とサッカー関係者の間ではもっぱらだ。

 バセドー病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫疾患。痩せる、眼球が突出する、心臓がドキドキする、大量発汗、手が震える――といった症状が表れる。

 本田は、W杯初戦コートジボワール戦の前半16分に先制弾を決め、3戦目コロンビア戦では前半終了間際にFW岡崎のゴールをアシストした。しかし、2戦目ギリシャ戦を含めて3試合とも後半になると完全に足が止まった。コロンビア戦では何度もボールを奪われて失点の発端にもなり、珍しく両膝に手を置いてうな垂れる場面もあった。新天地ミランで干されて試合勘を失い、コンディション調整に失敗したといわれたが、少なくともバセドー病の諸症状が出て、万全の状態ではなかったことは事実。チーム内からも「いつもの圭佑さんじゃなかった」という声が噴出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  4. 4

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  5. 5

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  8. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  11. 10

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

もっと見る