本命アギーレに足元見られ…代表監督選びの呆れたドタバタ

公開日: 更新日:

 ポスト・ザッケローニの行方が混迷の度を増している。メキシコ人のハビエル・アギーレ(55)との正式契約が秒読みと言われる中、日本サッカー協会技術委員会・原博実委員長(55)が「仮契約? まったくない」とアギーレ内定報道にクギを刺し、さらには「(交渉相手を)ひとりに絞っているわけじゃない」と煙幕を張っているのだ。

 日本代表は、9月5日にキリンチャレンジカップ(対戦相手未定)を札幌市で開催する。アギーレとの契約が間に合わなかった場合、代表コーチに就任予定のU―21代表の手倉森誠監督(46)の名前を挙げながら、原委員長が「彼はJリーグをよく知っている」と監督代行指名を示唆した。

 いずれにしても、W杯期間中には明日にでも決まるようなことを言っておきながら、どうしてドタバタしているのか?

「サッカー関係者から漏れ伝わるところでは、アギーレとは年俸2億円の2年契約で内諾を得ていたが、彼に一本化したことがバレて足元を見られ、年俸4億円の4年契約を主張してきた。コーチ陣も旧知のスペイン人たちで固めたいと言い張り、条件闘争でモメているようです」(サッカーライター・平野史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る