本命アギーレに足元見られ…代表監督選びの呆れたドタバタ

公開日:  更新日:

 ポスト・ザッケローニの行方が混迷の度を増している。メキシコ人のハビエル・アギーレ(55)との正式契約が秒読みと言われる中、日本サッカー協会技術委員会・原博実委員長(55)が「仮契約? まったくない」とアギーレ内定報道にクギを刺し、さらには「(交渉相手を)ひとりに絞っているわけじゃない」と煙幕を張っているのだ。

 日本代表は、9月5日にキリンチャレンジカップ(対戦相手未定)を札幌市で開催する。アギーレとの契約が間に合わなかった場合、代表コーチに就任予定のU―21代表の手倉森誠監督(46)の名前を挙げながら、原委員長が「彼はJリーグをよく知っている」と監督代行指名を示唆した。

 いずれにしても、W杯期間中には明日にでも決まるようなことを言っておきながら、どうしてドタバタしているのか?

「サッカー関係者から漏れ伝わるところでは、アギーレとは年俸2億円の2年契約で内諾を得ていたが、彼に一本化したことがバレて足元を見られ、年俸4億円の4年契約を主張してきた。コーチ陣も旧知のスペイン人たちで固めたいと言い張り、条件闘争でモメているようです」(サッカーライター・平野史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る