今秋ドラフトは早大・有原一本かぶり…高校生は壊滅状態か

公開日: 更新日:

 今秋ドラフト1位候補の高校生たちが苦しんでいる。

 咋春V左腕の小島和哉(浦和学院)が15日、地方予選の3回戦、県川口戦で5回4失点で敗退。昨夏の優勝右腕・高橋光成(前橋育英)は14日の松井田戦で5回12三振を奪ったが、DeNAの高田GMが「去年に比べれば万全じゃないが、あれだけ投げられればいい」と話したように、視察に訪れたプロ9球団のスカウトからは威勢のよい言葉が聞こえてこない。視察した在阪球団のスカウトも、「小島も高橋も、甲子園で優勝した時の投球には程遠い。優勝してからずっと不調続きだし、この夏に復活すれば話は別だが、評価は下げざるを得ない」と渋い表情だ。

 最速157キロ右腕の安楽智大(済美)も6日、明徳義塾との練習試合に先発し、八回途中7失点の大乱調。最速は137キロにとどまり、しかも三回の守備の際に右足首を負傷したにもかかわらず、上甲監督は続投させた。2年時のセンバツで計772球を投げたことが影響して右腕を故障した経緯もあり、「潰す気か!」とプロのスカウトからは怒りの声も出た。16日の地方予選の初戦以降、どこまで復調するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る