今秋ドラフトは早大・有原一本かぶり…高校生は壊滅状態か

公開日:  更新日:

 今秋ドラフト1位候補の高校生たちが苦しんでいる。

 咋春V左腕の小島和哉(浦和学院)が15日、地方予選の3回戦、県川口戦で5回4失点で敗退。昨夏の優勝右腕・高橋光成(前橋育英)は14日の松井田戦で5回12三振を奪ったが、DeNAの高田GMが「去年に比べれば万全じゃないが、あれだけ投げられればいい」と話したように、視察に訪れたプロ9球団のスカウトからは威勢のよい言葉が聞こえてこない。視察した在阪球団のスカウトも、「小島も高橋も、甲子園で優勝した時の投球には程遠い。優勝してからずっと不調続きだし、この夏に復活すれば話は別だが、評価は下げざるを得ない」と渋い表情だ。

 最速157キロ右腕の安楽智大(済美)も6日、明徳義塾との練習試合に先発し、八回途中7失点の大乱調。最速は137キロにとどまり、しかも三回の守備の際に右足首を負傷したにもかかわらず、上甲監督は続投させた。2年時のセンバツで計772球を投げたことが影響して右腕を故障した経緯もあり、「潰す気か!」とプロのスカウトからは怒りの声も出た。16日の地方予選の初戦以降、どこまで復調するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る