今秋ドラフトは早大・有原一本かぶり…高校生は壊滅状態か

公開日: 更新日:

 今秋ドラフト1位候補の高校生たちが苦しんでいる。

 咋春V左腕の小島和哉(浦和学院)が15日、地方予選の3回戦、県川口戦で5回4失点で敗退。昨夏の優勝右腕・高橋光成(前橋育英)は14日の松井田戦で5回12三振を奪ったが、DeNAの高田GMが「去年に比べれば万全じゃないが、あれだけ投げられればいい」と話したように、視察に訪れたプロ9球団のスカウトからは威勢のよい言葉が聞こえてこない。視察した在阪球団のスカウトも、「小島も高橋も、甲子園で優勝した時の投球には程遠い。優勝してからずっと不調続きだし、この夏に復活すれば話は別だが、評価は下げざるを得ない」と渋い表情だ。

 最速157キロ右腕の安楽智大(済美)も6日、明徳義塾との練習試合に先発し、八回途中7失点の大乱調。最速は137キロにとどまり、しかも三回の守備の際に右足首を負傷したにもかかわらず、上甲監督は続投させた。2年時のセンバツで計772球を投げたことが影響して右腕を故障した経緯もあり、「潰す気か!」とプロのスカウトからは怒りの声も出た。16日の地方予選の初戦以降、どこまで復調するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る