涼しいドーム球場が恋しい阪神 「死のロードよ早く」が本音

公開日:  更新日:

「(ヤクルト先発)八木のストレートに差し込まれた。スピードガン以上に速く感じた」

 阪神の和田監督は渋い表情だった。29日は最下位ヤクルト相手に打線が振るわず、5安打の完封負け。これで3連敗となったからだ。

 この日は主砲のゴメスが発熱で試合を欠場。和田監督いわく、「日本の夏に驚いている」というし、捕手の藤井も右肘痛で登録抹消。広島遠征に出ていた二軍から、清水を慌てて招集した。西岡、大和に続いて故障者が続出する事態。早くも夏バテ気味である。

 総務省の発表によれば、先週(21~27日)の熱中症による搬送者は今年最多の8580人。15人も死者が出ている。阪神は後半戦開幕から甲子園、広島ときて、この日から甲子園6連戦がスタートした。暑い時季に屋外球場での試合が続けば、体力を消耗しやすくなる。

 それだけにチーム内からは、「早く『死のロード』に突入して欲しい」という声が出始めているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る