日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マートンがファンサービスも…阪神は連日雨天中止で“大損失”

「こればっかりは……条件が悪すぎるから」

 阪神の和田監督も歯ぎしりするしかなかった。雨天中止となった3日のDeNA戦。試合開始の18時から約45分間も粘ったものの、雨は一向にやまず2日連続の中止が決定。直後、スライド先発予定だったメッセンジャーに加え、今成、伊藤隼がグラウンドでパフォーマンスをやって観客を沸かせたが、阪神は大打撃を被ったに違いない。

 1日の試合でサヨナラ勝ちした勢いを生かせなかったばかりか、メッセンジャーも2日続けて登板が流れ、次回は8日の広島戦に先発することに。今季チームトップタイの8勝を挙げ、最も勝つ確率が高い投手が登板回避となったのは痛い。しかも、この日は首位巨人が広島に敗れており、ゲーム差を縮める機会まで失った。

■株主総会でも観客減が話題に

「営業面でも、この中止はかなり痛いです」とは、球団関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事