サイ・ヤング賞右腕からマルチ ロ軍青木が7連勝導く3盗塁

公開日: 更新日:

 ベテランのリードオフマンが持ち味を発揮して文字通り、チームを牽引をした。

 ロイヤルズ・青木宣親(32)が10日(日本時間11日)のジャイアンツ戦に「1番・右翼」で出場。打っては2打数2安打1打点2得点、走っては3盗塁と気を吐いた。

 四回1死三塁の好機で相手の先発右腕リンスカムの甘く入った変化球を捉えて右前に運ぶ適時打。サイ・ヤング賞(08、09年)右腕から、この試合2本目の安打を放ってマウンドから引きずり降ろした。相手バッテリーを機動力でも揺さぶり、1試合3盗塁は12年6月23日のホワイトソックス戦(4盗塁)以来である。

 青木は「こんな働きをしたのは久しぶりのような気がする。この時期に連勝(7)するのは大きい。この流れに乗って最高のプレーをしたい」と語った。

 チームは7連勝でア・リーグ中地区首位のタイガースを猛追。5日のダイヤモンドバックス戦で満塁本塁打を放つなど、この連勝中は青木の活躍が目立っている。

 今季の青木は試合終盤、代走や守備固めを送られて交代するのは珍しくない。ネッド・ヨスト監督からベテランの特権を与えられているからだが、青木の目標はあくまでフルイニング出場だ。この日の3盗塁で指揮官に健在ぶりをアピールできたか。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る