交流戦6試合減 セ球団で巨人だけが万々歳といかないのは?

公開日:  更新日:

 11日、プロ野球の12球団代表者会議が行われ、来季から現行24試合制の交流戦が18試合制に削減されることが決定した。

 この削減はかねてセ・リーグ側が2連戦と移動日を挟む間延びや、交流戦の影響によるリーグ戦終盤の過密日程を問題視。数年前から縮小に向けてパ・リーグ側と協議を続けてきた。

 その問題がようやく解決したのだから、セの各球団は万々歳のはずだが、巨人だけは……。

 パが圧勝する傾向が強かった交流戦も、巨人はここ数年、好成績を残してきた。昨年は優勝こそ逃したもののソフトバンク、楽天に次いで3位。今季は24試合16勝8敗で堂々の優勝を果たし、交流戦だけで貯金を「8」もつくった。おかげで現在リーグ首位にとどまっていると言っても過言ではない。

 巨人は交流戦期間中の観客動員数も12球団中、断然のトップ(計54万1141人、2位阪神は45万6184人)。交流戦の1試合平均の観客動員数(4万5095人)も昨年(4万5019人)から微増している。「貯金できて客まで入る」のだから、交流戦縮小のため足並みを揃えてきた巨人としては何とも複雑な思いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る