年俸はザックの10分の1…メキシコ・エレラ監督のコスパ

公開日:  更新日:

 決勝トーナメント1回戦で86年以来、四半世紀ぶりのベスト8進出を懸けて、オランダと対戦するメキシコ。
 ベンチ前で跳びはねるジェスチャーで一躍有名になったミゲル・エレラ監督(46)がどんな采配を見せるか注目だが、英デーリー・メール紙によれば、年俸はなんとW杯出場国の中で最も安く、2200万円なんだとか。

 他国とどれだけ安いのか比較すると…日本代表を辞任したザッケローニが年俸2億円。出場国最高額で約11億6200万円をもらいながら1次リーグで敗退したロシア代表のファビオ・カペロ監督(68)の50分の1以下。メキシコ代表監督のコストパフォーマンスがいかに優れているかがわかる。

 エレラ監督は、メキシコが北中米予選に敗れニュージーランドと大陸間プレーオフを強いられた昨年10月に暫定で就任。出場権獲得の成果を買われ、晴れて正式監督になった。いわば“必殺仕事人”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る