田中理恵が「日本一」と絶賛 15歳の平岩優奈に高まる期待

公開日:  更新日:

 女子体操界に新鋭が現れた。世界選手権(10月、中国・南寧)代表の平岩優奈(15、三菱養和スクール)だ。

 7月の全日本種目別選手権の平均台で優勝し、初代表入りを果たした平岩はその容姿に加えて体操の実力も折り紙付き。全ての種目で柔軟性のある技を繰り出すことから、ロンドン五輪代表の田中理恵(現日体大助教)が「今、日本で一番きれいな体操をする」と絶賛した逸材だ。

 平岩にとって10年の世界選手権(ロッテルダム)で日本人初のエレガンス賞を受賞した田中は憧れの存在だ。

「表現力がすごくて、床の動きを真似したい。将来はエレガンス賞を取りたいです」と話す。

 幼少の頃は日本代表も指導したロシア人コーチから徹底して基礎を叩き込まれた。

 今回の代表チームでは最年少だが、世界選手権では本場仕込みの演技で観衆を魅了しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る