阪神は自力優勝消滅…藤浪を沈めた巨人の徹底“待球作戦”

公開日: 更新日:

 巨人が首位攻防戦を2勝1敗と勝ち越し。2位阪神の自力優勝の可能性を消滅させた。

 初回、橋本の先頭打者本塁打で先制すると、二回2死一塁から、投手の沢村が適時二塁打。ここから4連打で3点を奪った。阪神先発の藤浪から7安打4得点。五回でマウンドから引きずり降ろした。

「1勝1敗という中で勝てたというのは、今日に関しては目的は遂行できた」と話した原辰徳監督(56)は、沢村の適時打については「初めて彼のああいう打球を見た。野手陣に勢いをつけた。投球同様、あの2点目は大きかった」と賛辞を惜しまなかった。

 藤浪とは14日に今季初対戦。黒星こそつけたが、7回3安打8三振で2点しか奪えなかった。巨人は今回、地道な作戦を用意していた。試合前、川相ヘッドコーチはこう話していた。

「今はCS(クライマックスシリーズ)もある。対策? それは言えません! 藤浪は球が速い。でも、メッセ(ンジャー)ほど制球は良くない。荒れ球だから、大事なのはボール球に手を出さずに見極めること。球数を投げさせる? といっても、藤浪は放っておいても球数は多いんだけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る