4週間ぶり甲子園で阪神大勝 ヒーロー狩野は年俸800万円

公開日:  更新日:

 前日(28日)は巨人沢村の前に、たったの2安打完封負け。強いのか弱いのかわからない阪神が、一夜明けて4週間ぶりに甲子園に戻ると、最下位ヤクルト相手に12安打10点の猛攻で大勝した。

 投手陣が弱体化しているヤクルト相手に何点取ろうが威張れたもんではないが、この日の収穫は狩野(写真)の猛打だ。二回は右前打で出塁すると上本の左前適時打で生還。三回には2死二塁から左翼席に2ランアーチを放ち、四回は2死二、三塁で左翼へ2点タイムリー。3安打4打点とバカ当たりした。

 2012年にヘルニアが再発。腰の状態が悪く、シーズン終了後に育成契約となったが、昨年7月に支配下選手に再登録された。それでも今季は200万円減の年俸800万円でサイン。プロ14年目、31歳の給料としては安すぎる。

 くしくも腰痛で抹消された新井良の代わりに今季初めて一軍に上がると自慢の打棒が炸裂。

「(ホームランは)打った球種も覚えていないくらい必死でした。チャンスだったので、ファウルや空振りを恐れずに思い切ってスイングした」という狩野。

 左投手の時は出番が増えるだろうから、まだまだ年俸アップのチャンスはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る