4週間ぶり甲子園で阪神大勝 ヒーロー狩野は年俸800万円

公開日: 更新日:

 前日(28日)は巨人沢村の前に、たったの2安打完封負け。強いのか弱いのかわからない阪神が、一夜明けて4週間ぶりに甲子園に戻ると、最下位ヤクルト相手に12安打10点の猛攻で大勝した。

 投手陣が弱体化しているヤクルト相手に何点取ろうが威張れたもんではないが、この日の収穫は狩野(写真)の猛打だ。二回は右前打で出塁すると上本の左前適時打で生還。三回には2死二塁から左翼席に2ランアーチを放ち、四回は2死二、三塁で左翼へ2点タイムリー。3安打4打点とバカ当たりした。

 2012年にヘルニアが再発。腰の状態が悪く、シーズン終了後に育成契約となったが、昨年7月に支配下選手に再登録された。それでも今季は200万円減の年俸800万円でサイン。プロ14年目、31歳の給料としては安すぎる。

 くしくも腰痛で抹消された新井良の代わりに今季初めて一軍に上がると自慢の打棒が炸裂。

「(ホームランは)打った球種も覚えていないくらい必死でした。チャンスだったので、ファウルや空振りを恐れずに思い切ってスイングした」という狩野。

 左投手の時は出番が増えるだろうから、まだまだ年俸アップのチャンスはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    巨人は来オフ燕・山田哲狙いか “キーマン”吉川尚に正念場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る